HOME > 週刊ハピネス通信 > アーカイブ > 2015年6月

週刊ハピネス通信 2015年6月

多くの会員様の中からあなたにピッタリのお相手を探しましょう。

yjimage (18).jpg結婚相談所に登録されている会員数も、多いところと少ないところではかなりの差があります。全国規模の大手結婚相談所は自分のところの情報網だけで運用しており、少ないところでも3万人、多いところでは5万人以上の会員様が登録されているようです。
ジュブレ久留米は、全国の約1,000社の中小結婚相談所が加盟する結婚相談所連盟に加盟しており、連盟には全国で約50,000人、地元九州で約4,000人の会員様が登録されています。その中には、いろいろな地域の、いろいろな年令層の、いろいろな職種の方が登録されていますので、きっとあなたが探されている条件の方を見つけ出せると思いますよ。多くの会員様の中から、あなたにピッタリのお相手を見つけ出していただきたいと思います。
ジュブレ久留米は、結婚相手が見つかる可能性を感じながら婚活に取組んでいただけるよう、ご成婚までの各ステップで会員様の気持ちに立った親切なサポートを心掛けています。

会員様が安心して婚活ができる訳。

main_photo.jpg合コンや婚活パーティーは言うまでもなく、結婚相談所の中にも本人の身元の確認や人柄の確認が不十分なところも少なくありません。「面倒な書類審査や面接審査なしで、簡単に入会できてよかった。」そう思われているあなた、本当にそれでいいんですか。担当者は本人と1回も会わずに、住所、年令、職業、本当に独身であるかなど、公的書類の裏付けのない自己申告でOK。あなたが簡単に入れたということは、あなたが探されているお相手も簡単に入れた方ですよ。お相手を探す時に、写真とプロフィールを穴が開くほど細部まで見て、お見合いを申込まれていると思いますが、プロフィールの内容が全て自己申告だとしたら、安心してお申込みができますか。
ジュブレ久留米では、少し面倒ですが、住民票、戸籍謄本、源泉徴収票、最終学歴の卒業証書のコピーなどを提出いただいて、住所、年令、職業、年収、最終学歴、独身であるかの確認を行うとともに、面接審査で社会人としての良識のある方であるかの確認を行った上で、問題のない方しか入会していただいておりません。会員様には厳しいルールの基に安心して婚活に取組んでいただいています。

誰にも知られずに婚活を!!

yjimage0039.jpg婚活ってあまり他の人に知られたくないデリケートな活動ですよね。
でも、婚活パーティーや合コンなどに頻繁に出席したり、友だちに紹介してもらったりしていると、婚活をしていることが周りに広まってしまいます。
ジュブレ久留米の婚活は、職場、ご近所、友だちなど、誰にも知られずに結婚相手を探すことができます。しかも、お相手探しは自分の部屋でできます。あなたが出ていくのはお見合いの時と、お見合いがうまく行ってお相手とデートする時だけです。
もちろん、お相手は結婚相談所で見つけたなんて言わなくていいですよ。
ジュブレ久留米は、個人のプライバシーには細心の注意を払っておりますので、安心して婚活に取組んでいただけます。

結婚相手の見極め方。

yjimage0044.jpgジュブレ久留米の婚活は、写真とプロフィールを基に自分の気に入った方へお見合いを申込むことから始まります。逆に異性の会員様からお見合いの申込みを受けることもあります。お互いにお会いしてみたいということになれば、双方のご都合をお聞きしてお見合いをセッティングさせていただきます。
お見合いの結果、双方が結婚を前提にお付合いしたいということになれば、結婚を意識した交際がスタートします。
結婚を意識しての交際期間は3ヶ月間。この間に10回以上、多い場合は15回以上会われるカップルもおられます。最初はお互いに自分を良く見せようと努力しますが、回数を重ねる度に普段の自分が出てしまいます。人は良いところが5つあれば、悪いところも5つあるものです。私たちが交際されることになった会員様にアドバイスさせていただくことは、まず相手の良いところをよく見ること、それから悪いところもよく見ることです。悪いところが許容範囲なのか、結婚した後の生活をイメージしてみることです。逆に自分の悪いところも相手に見てもらって、相手がそれでいいと思ってくれるのかを相手の反応で確認することです。2人でいる時、お互いにありのままの自分でいられて、気を遣わなくてもいい雰囲気が理想です。そして、結婚してもやっていけるとお互いに確信した時、ご成婚の手続きとなります。
ジュブレ久留米は、お相手検索の際、お見合いの際、交際期間中など、ご成婚までの各ステップにおいてお客様の気持ちになっての適切なアドバイスを心掛けています。

1

« 2015年5月 | メインページ | アーカイブ | 2015年7月 »

このページのトップへ